家庭で簡単に出来るリサイクル方法について

ご家庭で簡単に試せる役立つアイディアをご紹介していきます!

まずはここから!家庭で出来る3R

ゴミの中から資源として再度使えるものを取り出し、リサイクルして再活用することをリサイクルルートといいます。 正しく分別することで再活用へ繋がりますが、未分別でゴミとしてまとめて出してしまうと、資源に戻ることはなくなります。 正しいゴミの分別は、私達の未来へと繋がっているのです。

家庭で出るゴミを正しく分類出来ていますか?

皆さんは「3R」という言葉を聞いたことがありますか?
家庭で出来るリサイクルには、3つの「R」があります。ここではその3Rについて、少し分かりやすく簡単に説明していきたいと思います。
一つ目のRはゴミを減らすという意味の「Reduce(リデュース)」です。
ゴミ問題も深刻になりつつある現代の日本では、私達一人一人がゴミを減らす意識を持たなければなりません。そのために買い物時のレジ袋を断る、エコバッグを使用するなどをしてゴミを減らしていきましょう。
二つ目のRは物を再利用する「Reuse(リユース)」です。
使わなくなった物を、まだ使えるのにそのまま捨ててしまっていませんか?
使わなくなった物も、綺麗にすればまだまだ使えるかもしれません。リサイクルショップやオークション、フリーマーケットを利用する事で再利用してもらい、リユースに繋がります。
最後に、三つ目のRはゴミの再資源化を意味する「Recycle(リサイクル)」です。
リサイクルという言葉は皆さんもよく耳にするのではないでしょうか。
再資源化をする事で、限りある資源を無駄遣いすることもありません。私達の子孫にも不自由なく資源を使ってもらうためにも、リサイクルをするという事はとても大切な事になってきます。
今回はこのリサイクルについて、私達が家庭で簡単に出来るものを幾つか詳しく紹介していきたいと思います。
そして皆さんで今日から3Rを実行していきましょう!

おすすめリンク

リサイクルショップを利用してみましょう!

リサイクルショップとはどのようなお店で質屋とはどのような違いがあるのでしょうか。 またリサイクルショップで高価格で買い取られるものはどのようなものがあるのでしょうか。 リサイクルショップの詳しく知らない、知りたい部分について詳しくまとめました。

生ごみ処理機の事を知っていますか?

どこのご家庭でも食事を作る度に生ゴミが出ます。 しかし気温の高い日や夏場にシンクに放置しておくと腐敗してしまい、臭いや虫やコバエ等が発生することもあります。 そこでこの悩みを解決できる生ゴミ処理機を紹介していきたいと思います。 是非ご家庭での生ゴミ処理にお役立てください!